2017/10
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ご機嫌でとしこの手入れをしている)

幽霊船掃討、きたねェ!
オレはカフェから馴染みのメンバーで参加ッ!
雪白・神風・店長・オレで、バランス的にもちょうどいいんじゃねェかな、
4人いると撤退するのにも便利だし…誰も怪我しねェのが一番なんだけど。
別のトコから組む皆も、無茶はしねェでね。
甲板で会ったら、派手にぶちかましまショ、ってことでッ!

掃討戦については、情報少なすぎねェ?とか
準備期間短すぎねェ?とか
1000人単位でオレら乗り込んで船沈まねェ?とか、
海上の人手足りてなかったらどーするよとか、いろいろ考えちまうんだけど。

ンー…不安材料は、対処できることはしっかり手を打って、
あとはやんなきゃいけねェことをしっかりやる、って感じかな。
あーもう、出来ることの少なさにジリジリするねェ! いや、昔からだけど!


んで、続きはアミーゴの新GTでの出来事!
大したことねェけど、ちょい仕掛けネタバレとかあるから隠しとくねェ。
でもコレ、見といたほうがい…(何か思い出して青ざめた)

また奥に行けるようになったって聞いたから、
やって来たぜラストオブアミーゴ!
ゴーストが、つかゾンビがとにかくいっぱいいて、
ゾンビハンターのオレにとっちゃ一番好みのGTなんだよねェ!

今日の面子は店長・菫センパイ・透也センパイで。
まあ敵の頭数が多いのはいつもどおり!
ブラヴォとバレットレインで一気に片付けながら、
着々と攻略は進んでたんだよね、―――途中までは。

水場をはさんだ一角でさ。
ゾンビが部屋の向こうにいっぱいいるのが見えたんだよね。
…うん、透也センパイが壁を調べてたのは視界の隅に入ってた。
何か押してる?のも、見えてたの。
でもオレ、どーせまたどっかの扉だと思って、ゾンビに突っ込んじゃってさ。
で、ゾンビと闘り始めて30秒もたたない頃だったかな、
声が聞こえたの、後ろから。

「……、…あれ、このボタンて壁に連動し

聞こえたか聞こえないかのうちに
ガガガガガガガって何か、音が―――…って、顔上げたら
…うわああああああーーーー!?
う、うそォ!?
壁!! 壁迫ってきっ…!!


ぷちっ
…プレスされました。壁に。


…ええと、その場の光景を見て、
三人が三人とも「あ、死んだ」と思ったって…
死んでたまるか!!!!って感じでかろうじて脱出したはいいけどHP1。
凌駕後よりひでえっつか、
うっかり息吐いただけでそのまま呼吸止まりそうな状態!!

「ええと、生気吸収…は、まずいか。紅蓮撃…は、もっとまずいか」
微妙に取り乱してる?っぽい透也センパイの横から、、
「江間クン丈夫だね!」
「よく生きてたわねぇ…」
店長&菫センパイが白燐奏甲。
ようやく息できるようになったオレも自分で白燐奏甲。
つか、マジ 死ぬかと思ッ…!

「と、とーやセンパッ…ひどっ…(涙目)」
「………すまん(真顔)」
「う…」

うん、…悪気なかったのがわかるしさァ…!
突っ込んだのオレだし…
腐肉と血でぐちゃぐちゃになった奥に一緒に来てくれたし…

あ、ちなみに菫センパイ。
「あっは、頑張って!」
ちなみに店長。
「いってらっしゃーい!」
「…店長。ヒールってさー、もともと汚いトコでも大丈夫なように、
 って作られたのが始まりなんだってさー」
「……(無言で微笑)」
…新しい反応…!


…えーっと、今からラスト行く人は、気をつけて…(まとめ)
グロいけど、まァ思念はいっぱいあるから楽しーよ!
あと、亘理連れてくとあいつボスで爆笑する。
気をつけてね!(2回目)


スポンサーサイト

« 衝撃の温度は理屈じゃねェんだ! | ホーム |  【1.5】 然れども意味はなく »

コメント

この記事へのコメント

そっちも甲板かー、俺も結社の先輩たちと一緒に甲板行くんだわ。
向こうで会ったときはヨロシクなー!

掃討戦の告知が急すぎっちゅーのもアレだな、準備が追いつかんなぁ…。
急場にも対応出来るようにならんといかんとは理屈では分かっとっても、せめて心の準備だけでもさせてーって感じかねー。

そんで、ラストの壁プレス…俺も潰されてきた…り…。
(顔を青くして目線そらした)
しかも慌てて開いたはええけど逃げ間に合わんで、フルボッコされてそのまま戦闘不能に…とか。
トラウマが出来そうでこええな、あれ…(乾いた笑い)

だってー

ほんとに 「あ」 って声揃ったもの・・・!!

外から見てたら思うわよぅ!!
これからあの部屋に入ったら迂闊に動くなって事よねぇ。
ええと、下の彼も今度から気をつけて・・・!(そっと二人に飴を渡してみた)

で、ハイヒールがどうかしたの?(すごい優しそうな微笑)

上の彼だった(・ω・)(誤魔化し顔)

ぷちって・・・


>宇気比
わわーい宇気比ー(背中にとびついた)
あ、お前も甲板? ン、よろしくねェ!

そうなんだよねェ、
急がなきゃいけねェ仕事なのは分かってっから
言っても仕方ねーんだけど…
一日限定の戦闘ってんなら、
その日に合わせて体作ったりも出来るからさー、
早めに情報はほしいよねェ!

あ…ああー…お前もかー…!
(物凄いシンパシー)
ええと、ああ、えっと、元気出せ…!
大丈夫、大丈夫だよ…!
(おろおろ)



>てんちょ
いや、うん、…いいんだ(飴を受け取りながら)
あれから何度もラスト廻ったけどさ、
アレ外から見てたら、
オレだって「あ」としか言い様がねェと思うんだ…!

…んーん、腐肉の中を突き進む店長は
きっとさながら掃き溜めにツルとか、
うんえっと、…そんな感じ?
ヒールだし平気でしょ、なんて思ってないよ?(目を逸らしながら)



(*'ω'*)

え、なぁに?^^(聞いてない)

(´・ω ・`)

…店長はいつも可愛いね!^^

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://sexycommando.blog102.fc2.com/tb.php/82-aa304ef6

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

プロフィール

エマ

Author:エマ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。